投稿

2022の投稿を表示しています

円盤に乗る場の『活動報告会'22—「遊び」から始める—』の宣伝

イメージ
活動報告会が始まります。 中村です。 昨年から参加している共同アトリエ、円盤に乗る場の活動報告会が、6月20日よりゆるゆると、東京都荒川区西尾久の「乗る場」と、おぐセンターにてはじまります。 https://note.com/noruha/n/n4bc3d5a532e6   昨年12月には北千住のBUoYで行ったのですが、今年は普段使ってるアトリエと、一階がとてもイカしたご飯屋さんをやってるおぐセンターの二階が会場です。 二会場は同じ商店街のひとつづきのなかにあって、近くには梅の湯というナイスな銭湯をはじめ、ラーメン屋に天ぷら屋、ピザ屋やパン屋、八百屋とかギャラリーとか、いろいろあるので暖かな午後であれば街ブラなども最適な感じです。 中村が参加する2つの企画について説明します。 ① 「点数計算ができない人のための麻雀卓」  3月の円盤に乗る場で行いましたこちらを引き続き実施します。 洗牌の様子  その名の通り、ただ乗る場に麻雀卓を置いておきます。点数計算早見表なども置いてあるので、ルール不明、という方もできるはずです。(同席してるときは説明したりできると思います。)  中村は麻雀とても初心者なのですが、最近麻雀見てたらその楽しさに気づき、やるようになったという次第です。考えながらゆっくり打っていい場所として機能すればなと思っています。 中村は下記時間帯に滞在しているはずなので良き時に起こしください📢 (いないときも遊んでいただくことができます!)  📅タイムテーブル 6月20日 14:00~18:00  6月23日 14:00~18:00  6月24日 14:00~18:00  6月25日 終日(他のプログラムを楽しみたいときは離脱します)  6月26日 終日(他のプログラムを楽しみたいときは離脱します) ② 「ガルシア・マルケスのシナリオ教室ごっこ」成果発表会 今年の1月から円盤に乗る場で屋根裏ハイツは「ガルシア・マルケスのシナリオ教室ごっこ」なるものをやっています。 こちらの書籍『物語の作り方 ガルシア=マルケスのシナリオ教室』 https://www.iwanami.co.jp/book/b264603.html を元ネタに、30分の短編戯曲のアイディアを各自が持ち込み、そのアイディアを参加者全員であーでもない、こーでもないとおしゃべりしながら、話の構成

ゴールデンウィークにワークショップをしました。

イメージ
ゴールデンウィークのワークショップ@YAU Studio base2が無事に終わりました。 基礎編も応用編も定員がごく僅かでしたが、ご参加いただいた皆様、会場提供していただいた一般社団法人ベンチの皆さま、本当にありがとうございました。 簡単ですが、どんなことをやって、どんな発見があったのか振り返っておきます。 ●基礎編 基礎編ではまず、二人一組に分かれてそれぞれのエピソードをもとに「他人の経験をあたかも自分が体験したかのように話してみる」ことをしてみました。エピソードテーマは「手垢のついた場所」もちろん、本当に手垢がついている場所というわけではありません。過去にいた思い出の場所だとか、印象に残っている場所を「手垢のついた」と名づけてみます。 それぞれがそれぞれ、エピソードを交換し、「あたかも自分が体験したかのように」話してもらいました。「難しそうだけど意外とできた」「本人の前でしゃべるときのむず痒さがあった」などさまざまな声が。 一人ひとつ、他人のエピソードを自分の“持ちネタ”として持っている状態になりました。この“持ちネタ”をつかってセリフのような稽古をしていきます。 ひとりが舞台に上がり、先ほどのペアとは別の人が聞き手として舞台上にあがります。聞き手に向かって“持ちネタ”を話す。相手に話す時、どんなイメージが湧いたのか、なにが起こったのかを話し手に聞きながら(ときには姿勢を変えて話してみたり)、共有してその身体の状態を観察していく。そこで起こったことをシェアしながら、なんどかその“持ちネタ”を繰り返す。 話をきっちり整理して伝えるタイプの話者と、比較的話を散らかしたまま話をするタイプと、例えばその違いで、話の立ち上がり方の印象が異なったりすることなどはとても興味深かったポイントの一つです。 あと、聞き手の聞き方で話の解像度がぐっと広がる瞬間が訪れたのも、とても良かった。 ペアによっては座って話すことも 感想を言う時は他の参加者の方も話します ●応用編 基礎編を踏まえて行った応用編では、屋根裏ハイツの過去の作品から長ゼリフのワンシーンを抜き出し、それを事前に覚えてきてもらい、ワークを行いました。 例えばこんなシーンを覚えてきてもらいました。 ★A なんか思い出したんだけど、 E はい、 A このタイミングで全然関係ないかもしれないけど、遠藤さんとわたしも旅行に行っ

【無料】東京でのワークショップのお知らせ

ずいぶんとブログはご無沙汰していますが、 都内で初めて(!)おこなうワークショップのお知らせです。 今回扱うのは、セリフと、それを話しているときの頭の関係です。 日常生活で誰かに向かって話すとき、先に話す言葉があるわけではないはずです。その手前に、言いたいことや、考えていることが頭のなかにある。また、普段話している時、その話している状況によって身体の状態は変わります。喧嘩している時、だらだら話している時、あるいは、そこがどこなのかによっても、自然と変わっているはずです。 ところが、セリフを舞台の上で話す、となった途端に普段は淡々とできているそれらはすっぽりと抜け落ちてしまうことが多いように思います。セリフが届かないと言われて大きな声を張り、やれ感情がこもってないだのと演出家に言われて思いもよらない強い言葉遣いになってしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。 このワークショップでは、日常では必ず自然とおこなっている頭と身体の状態を、劇の空間にとり戻すことを試みます。 ワークショップは基礎編と応用編に分かれます。基礎編では他人のエピソードを話すというところから、応用編では実際に既存の戯曲を用いてワークを行います。 東京でのはじめてのワークショップ。たくさんの方と出会えたらとても嬉しいです。お待ちしてます! 屋根裏ハイツ 中村大地 【日時】 2022年5月5日(木)〜7日(土) 基礎編 基礎編① 5月5日(木) 13:00〜17:00 基礎編② 5月6日(金) 13:00〜17:00 応用編 ※基礎編に参加した方が参加できます。 応用編③ 5月7日(土) 13:00〜17:00 応用編④ 5月7日(土) 18:00〜22:00 ※基礎編の①と②、応用編の③と④の内容は同じです。都合のよい回にご参加ください。 【会場】 YAU STUDIO内 base-2 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル10階 1021  JR、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」日比谷口より徒歩1分。 【参加費用】 無料  【定員】 各回ともに若干名 (申し込み多数の場合は先着順になります) 【対象】 俳優の方 俳優志望の方 演劇や演じることに興味のある方 ※性別/年齢不問。 ※ワークショップはすべて日本語で行います。 【申し込み方法】 Peatix  https://