投稿

再建設ツアーについて

7月23日より初日を迎える再建設ツアーの演目『ここは出口ではない』について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を鑑み、宮川紗絵の出演形態をリモートでの出演に変更することにいたしました。『とおくはちかい(reprise)』に関しては予定通り実施いたします。

楽しみにされていた方に心よりお詫びを申し上げます。
この上演形態の変更に伴うチケットの払い戻しは行いません。


今回の座組は首都圏で暮らしているメンバーと、宮城で暮らしているメンバーで構成されています。当初、感染のリスクを少しでも減らすため、7月初旬までZOOMを用いてオンラインで稽古をした後、東京に全員が集まり、23日からのこまばアゴラ劇場での東京公演に向け対面でクリエーションを行う予定でした。しかし、6月末から7月上旬にかけ感染者数が連日、とりわけ都内で増えたことを受け、メンバーより東京に長期間で滞在することにより感染するリスク、また無症状で感染したまま公演後に周囲の人へ感染を広げてしまうリスクを不安視する意見が複数出ました。そのことを踏まえ話し合いを重ね、上述のような形態で実施することといたしました。

個人がこの感染症に対して抱える不安の要因はひとつではありません。「未知の病にかかるかもしれない」という恐怖だけではなく、その人が生活を共にする人々(パートナーや家族、友人)との関係や、暮らす場所・環境、経済的な状況など様々なことが重なり合っています。劇団の稽古場というのも、その重なり合ういくつもの生活の輪の一つにすぎません。個々の事情と向き合い、ケースバイケースで折り合いをつけていく必要があります。


こうした状況にありながらも、劇団として公演を実施する理由はこのツアーのステートメントに書いてあるとおりです。

“劇場がお客様をこれまで通りの形態で迎え入れることができるようになるまでに、そう短くはない時間がかかるでしょう。新型コロナウイルスに対するワクチンが開発されて、インフルエンザのような距離感で存在するようになるまで。そのなかで、私たちは公演を中止するのではなく、むしろ様々な方策を試みながら劇場を開けていくことが必要なのではないかと判断しました。”

感染を完全に防ぐ手段も、罹らない方法も、現時点ではありません。それでも日常が再開されている。外食をしたり、人とあって話したりすることも増えてきている。映画館に…

上演台本:私有地

イメージ
私有地 シリーズ:加害について
中村大地
○人物と場面

1. コンビニ
 A
 BAの友人。

2. 漫画喫茶
 C利用者。
 Dアルバイト。
 Eアルバイト、Dの先輩。

3. リビング
 F介護を受けている。Gと夫婦
 G Fの介護をしている。

4. 葬儀の帰りに
 H子供がいる。子供はどうやら、留守番しているらしい。
 IHと同じ家に暮らす。
 J車の持ち主。葬儀場まで車で来た。 

5. 転居通知
 K施設職員
 L親族
 M子ども

6. ふたたび、コンビニ
 Nタクシー運転手
 O 
 POの友人。


※注
・3人の俳優によって演じられることが想定されており、1人の俳優が複数の役を演じる。2019年の上演では下記のように配役したが、組み合わせはこの限りではなく、登場人物の性別も特に指定はない。

渡邉時生 A,E,J,M,N 
村岡佳奈 B,D,G,I,K,P
寺田凛  C,F,H,L,O

・様々な場面が描かれるが、基本的には舞台セットはないことを想定している。
・一人称については、演じる俳優、演出との話し合いの中で適宜変えても良い。
・テキスト中に同じ人物の発言が連続することがあるが、これはやや文脈が前段からは変わったり、少し間が空いたりする、と言った意味合いで用いている。



1.  コンビニ 


深夜。郊外の、駐車場が店舗敷地の倍はあるコンビニエンスストアの外。店に平行にパーキングブロックが並ぶ。店内に人はほとんどおらず、駐車場には乗用車が2台ほど、それからタクシーが1台停まっていて、運転手が座席を後ろに倒して寝ている。Aが店の外で腰掛けている。Bが店内からコンビニ袋をぶら下げて出てくる。


B へい(と袋を渡す)、
A はい、
B コーヒーて、
A うん、

コーヒーを手渡しながら

B 寝ない気?
A え、
B この時間にコーヒーって、
A あー、あんまり効かないんだよね、
B あ、え、コーヒー?
A うん、
B 効かないんだ、
A うん、そう、
B え、
A うん、
B え、
B じゃあ何で飲むの?
A え?
A 飲みたいから?
B あー
B わたしあんまり、それわからない派だわ、
A え?
B コーヒーをそういう素材として以外に使用すること、
A 素材って、
B こう、目を覚ます素材、
A へー、
A あんま好きじゃないってこと?
B まあ、
B そんな、嫌いってわけじゃないけど…

舞台を流れる時間についてのこと

あけましておめでとうございます。中村大地です。
あけましてというのももうだいぶ日が経ってしまったか。さて、これが最後の稽古日誌です。今回の作品は予想以上に評判が良かった。評判がいいというか、客席が普段の上演よりも集中して作品に付き合ってくれている、と思える上演が多くて、それはとても良かった。徳永さんをはじめ、様々な方に声の小ささについて言及していただいたので、そのことについて書きます。

深夜にそっと、屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』の追記。声の小ささについていくつかツイート(どれも否定的ではない)を目にしたので、昨夜FBに書いたものを少し丁寧に。確かにものすごく小さな声量の、しかもモゴモゴと聞き取りづらい発話で会話から始まるのだけれど、これは完全に、 — 徳永京子 (@k_tokunaga) 2018年12月22日

屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』追記②観客が耳を澄まさざるを得ない状況をつくるため。人間は小さな声や光に無意識に集中する。つまりこの話のオープニングそのものが、登場人物が小さな声でモゴモゴ話すのが不自然ではない設定になっている。そしてこのあと実は俳優の声量は少しずつ大きくなる。 — 徳永京子 (@k_tokunaga) 2018年12月22日

屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』追記③男が何度もキッチンとリビングを行き来するのは、リビングにいる彼女との会話に、わずかに声を張る必要が出てくるから。というか、わずかに声を張っても不自然ではないから。作・演出の中村大地はこのあとも、俳優の声量が上がっていくことを観客に — 徳永京子 (@k_tokunaga) 2018年12月22日
屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』追記④気付かせないシチュエーションを次々とつくり、あの儚い物語の入口にスムーズに、完全に、導き入れるのだ。ふたりが舞台から去り奥のキッチンで会話するのは、おそらく観客の聴力と俳優の(不自然に感じないギリギリの)声量をチューニングし、客席の集中力を — 徳永京子 (@k_tokunaga) 2018年12月22日

屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』追記⑤仕上げているのだと思う。これはかなり凄いこと。その微細な声量の変化を、何もしていませんという顔でしてしまう俳優たちも、中村も。本日23日マチネがその確認のラストチャンス。横浜STスポット。 — 徳…

5F『ここは出口ではない』お客様の感想

2018年12月に仙台・横浜で上演された『ここは出口ではない』でお客様にご記入いただきました感想のうち、公開可能なものを公開いたします(誤字脱字などはそのまま反映しております)。
どうぞご覧ください。

すごくよかったです やってくれてありがとう屋根裏っぽい感情の欠らく感がよかったです。ひたすら水の中にもぐっていく感覚。前半の夫婦のせりふが聞きとりずらかった。会話劇として面白かった場面の転開が超スローに驚きを禁じえませんでした。間のとり方が超独特でびっくりです。初めての体験となりました。途中、自分ならどう考えてるのかと思ってもみました。貴重な体験となりました。ありがとうございました。2人の最初に登場したカップルのセリフが聞きとなれなくて、追っていくのが大変でした。ひそひそ話をのぞき見てる感覚という趣旨には合っているのだと思います。死者、生者、日常・舞台、言語・空想(記憶?)、舞台・客席etc. いろんな境界がとけある、静かで面白い劇でした。 楽しかったです!! おつかれさまでした! それと、チラシかっこいいですね!(語彙力0ですみません)みんなちょっとの違和感があってみんなちょっと馴染んでいる。そんな不思議さが面白かったです。好きでした。普通に会話に混ざりたかった。ようちゃんー まだ言葉にならないですさとしゅんとストロングゼロがのみたくなりました。みにきてよかったです。こんなに共演者と体感の長さが同じだと感じた舞台は始めてだった。死んだ人がまじっているのだから、観客もまざっていいよね、と思った。不思議とひきこまれました。いろんなこと考えました。言葉?の部分でひとつ残念なのは、途中で入ってきたお兄さんの気配と音でセリフがききとれなかったこと。となりのひとの衣ずれの音できこえなくなる台詞があったこと。どんなところにもそういうひとはいるので避けようにないのですが。特に印象的なこともないけど何年も覚えている”あのときの宅飲み”みたいなはだざわりが良い。好きです。ありがとうございました。どうも今年たくさん知人を亡くしたのでこんなふうにふと会ってもう一度話せたらよいなと思ったし、たあいのない会話が、かけがえのないその人らしさだったりするなあと思った。とても低ーいテンションのなかで、じわーっと感じるものでした。すごかったです。ふしぎな話で、日常が描かれていておもしろかったです。不思…

12/6~12稽古

イメージ
仙台公演が無事終了しました。ご来場いただきありがとうございました。
・・・くらいのペースでこの日誌を更新しようと思っていたら、横浜公演も終わってしまいました。幕が空いての評判や役者の雑感などは各SNSに任せるとしまして、本番直前までのことをとりあえず書いておこうと思います。
ちなみにTwitterでの観客の反応をまとめました。
→ 屋根裏ハイツ5F『ここは出口ではない』感想まとめ


12月6日 
屋根裏ハイツの長台詞は回り道が多くノイジーだ。その殆どは自分の経験談を話す、いわゆるエピソードトークと呼ばれるもの。男性チームがセリフをなかなか覚えられない、というところから、この長台詞どうやって覚えている?という話になった。
例えばこんなセリフがある。Aがお酒の失敗談とかない?と聞かれて答えたエピソード。

A すごい前の話なんだけどさ、いま中央公園になっているところっていってもわかんないか、中央公園ってところがあるんだけど、(Bにむかって)あるじゃん、(B うん)、そこはしばらく前まで公園じゃなくて空き地だったのね、一面空き地、でまだその空き地だった頃にそこで俺短期のバイトをやってたの、その空き地を使ってなんかでかいお祭りみたいなのをやろうって、すごい結構でかいバルーンとかがあったりして、仮設でいろいろステージとか組んでライブとかあって、屋台あってビール飲めて、みたいなのが夏の一ヶ月間だけ限定で展開されてたことがあったのね、結構楽しい感じの、そこのスタッフで一ヶ月働いてたんだけど、これ失敗談とかじゃないなって今話しながら思ってきたけど、そういうイベントって週末とかは、まあまあまあ、忙しいかなくらいのことなんだけどさ、正直平日はしかも平日の日中とかはクソ暇でさ、うわーって感じで、たぶんあのイベント自体は失敗だったんじゃないかって今思うと、週末は混んでたけど平日はホント全然で、そこでそのクソ暇な平日の夜にもうお客さんもこないしいいっしょみたいな感じで、店の人も半分ヤケでさ、すげえ早めに閉めちゃって、なんであんなことできたのかわかんないけど、早めに閉めて、バイトも集まってもう飲もうぜってなってさ、そのフェスみたいなところで、めちゃ飲みまくったのはすごい覚えてるな、自分たちの好きな音楽かけて、あんま、失敗談って感じじゃなかったけど(笑)




人が自分のエピソードを語る時、話す前に、その…

12/1~5日稽古

イメージ
まずは5日の稽古まで。
稽古の記録というよりは、稽古場で起きたことと僕が普段考えていることが並行して書かれている読み物という感じだろうか。

12月1日
10時前にバスタ新宿を出て仙台へと向かう。お世話になるゲストハウスにチェックインし、その足で稽古場へ。事前に共有しておいた台本の印刷物を手渡し、素読み。通りが悪いところの言葉を変えたりしながら、実際に発話されるとどのような体感をするのかを確かめる。この時点で想像できないことが累々起こるほうが良いのかは正直良くわからない。前は想定外がたくさん起こったほうが良いと思っていたけれど、本読みの時点では、意外とそんなことなくて、本読みとしてはあまりノイジーじゃないほうが良いのでは?と思い始めている最近。どんな読み方をしようとも通るような言葉のほうが自由度は高いのでは。自分で書いたテキストの場合、本読みってあんまり必要ないかなと思っていた。このときもさっさと立ち稽古したほうが良いなと感じていたはずだ。
この時点では終わりまで書き上がってないので、こんな作品になるはずだ的なことを勢い話してしまう。これは本当にあんまり意味のないことだと喋ってからいつも思う。ただエモみが増すだけだ。



12月2日
前日の深夜、稽古までの時間に修正は進んだけれど、終わりまで台本はたどり着かない。通りを良くしてページ数が増えた。
村岡が語るエピソードに関して、試しに文字ではなく作家の僕からの口伝で伝えてみる、これまでのワークどおり、周囲からの質問によって書かれていた言葉の内実がはっきりしてくる。身も蓋もない言い方をすれば脚本を書く参考になった、という感じ。(ほんとに身もふたもないな)
その後固まっている前半部分を舞台の上で読んでみる。最近「こう動け」という提案をした記憶が殆ど無かったけれど、最低限の動きを提案する。2人芝居とか1人がただエピソードを語るやつとかやってるから忘れていたけど、作家が戯曲で会話させている時に頭の中で動かしている(これは多分、演出家としても読み取れる範囲で)動線というものが存在して、それを実体化させる時には交通整理しないと成り立たないものもあったりする、から台本持ちながら稽古とかしたりするんですね、ということに気がつく。状況が飲み込めたほうが覚えやすいし。演劇の稽古におけるプロセスの一つ一つの意味が、今まであんまりわかっていなかっ…

10月26~28日 全体稽古

イメージ
すっかり日が空いて、本番に向けたリハーサルが始まっている。台本も完本したし、少しだけだけど憑き物が落ちたような気持ち。
けれども稽古日誌は更新していなくて、10月末の3日間は、東京在住のキャストそれから僕もあわせて仙台入りし、全体ではじめての合同稽古を行った。
まずそれらの日のことを。

10月26日
僕に別件の仕事が入っており、やや短めの稽古。稽古場の扉を開けるとキャストがすでにそろっていて、各自身体を伸ばしていた。挨拶や自己紹介はそこそこに、時間もないので早速ワークに入る。前回の仙台稽古でもやっていた、他者のエピソードをあたかも自分が経験したかのように語り、それに対してもうひとりが質問をするというワーク。2人1組になってもらい、2組を同時進行で走らせる。お題は「小さい頃の記憶」。
一度交換が終わると、次はペアを入れ替えて、今度は先程もらった話を、別の誰かに伝える。伝言ゲームの要領で、何かがずれていったり、改変されたりしていく。






1回目
A(A)⇔B(B)、C(C)⇔D(D)

2回目
A(B)⇔C(D)、B(A)⇔D(C)

3回目
A(D)⇔B(C)、C(A)⇔D(B)



このように三回繰り返すと、全員が全部の話をあたかも自分の経験として持つようになる。ここまでで時間切れだったので、この話をあたかも自分がすべて経験したエピソードとして、一人の人に話してもらうことにして、この日の稽古を終える。
エピソードを語るとき、どのようにその光景を切り取るのか、実際に起きた出来事をどう捉えるのかというところに、彼らの身体感、平たく言えば個性みたいなものが見えてくるような気がする。





10月27日
この日はスタッフも揃って顔合わせ。スタッフは照明以外は前回から引き続きのチーム。
こういうときに本当は台本がばっちりあるといいのだけど。
顔合わせの後に稽古。
前日のそれぞれのエピソードの体験年齢がバラバラだったので、それを連続で話してもらいながら、自分の人生史として語ってもらった。一日空いていることでみんな話を忘れて突飛になっていくのかというと、そうではなくて、なんだか変な角が取れて丸くなっていくような、ちょっと普遍化した話になるような体感を持つ。持ちネタといえば持ちネタだし、だんだんみんな中身がわかってきたので、裏切りがなく退屈だということも当然ある。話し方を変えてもらったり、誰に向か…